うつ病患者が抱える悩みを解決、相談をすることで軽減

うつ病の症状

処置内容にもよりますが、心療内科の受診では他の疾病と同じ程度の診察費用が一般的です。

 うつ病の症状は、主に精神的なストレスによって発症した精神性疾患特有の症状になります。  その例として、抑うつ状態が続いたり、やる気が出ない、消極的になる、理由もなく不安になったり焦燥感を感じ続けてしまう、といったような特長があります。  また、そのような精神的な不調が原因となって、頭痛が続いた際や、不眠症になる、食欲不振になる、あるいは疲労感がつづく、といった身体的な不調を伴う事が多々あります。  そこで、このような状況を解消するために新設されたのが心療内科です。  うつ病は、精神と身体を総合的に診察することで原因がわかってくることも多く、その診察によって適切な治療をほどこすことで短期間で完治することもあります。  うつ病は、症状がわかりにくく、自覚症状もでにくい場合が多いです。  従って、もし心身のいずれかに不調をすこしでも感じている場合は、心の健康診断を受けるような気持ちで、一度診察をうけることをおすすめします。  診察の費用は、状況にもよりますが、一般的に概ね健康保険適用で数千円程度が目安です。

うつ病の治療は、投薬処置から自然治癒までさまざまな方法があるのが特長です。

 うつ病の発症について、その原因は非常に多岐にわたるため、その症状や発病の原因などによって治療方針や具体的な治療方法も臨機応変に対応する必要があります。  精神的なストレスが原因でうつ病になった場合は、主に精神的なストレスを起こしている原因に着目してその原因を解消することで自然治癒を取る場合があります。  また、一時的にでも投薬を伴う治療で、精神的な神経系統の活動をコントロールし、身体にあらわれてくる諸症状の緩和を行ないながら、精神的なストレス解消を行う場合があります。  更には、ストレスの原因を自覚、認知することでそのストレスを見つめ直し、解消していく心理療法があります。  心療内科では主に投薬治療を行ないますが、カウンセリング中心のクリニックでは心理療法を取り入れた治療を行うこともあります。  いずれの治療方法も、患者の状況や、主治医あるいはカウンセラーとの信頼関係も影響してきますので、焦らずに自分に適した治療方法を見つけて焦らずに治療にのぞむことをおすすめします。