うつ病患者が抱える悩みを解決、相談をすることで軽減

身体を休めて

うつ病との向き合い方

うつ病は、憂うつ感や無気力感などの状態が長い間続き、日常生活を過ごすのにも支障が出てくるようになる病気です。心の病気といわれていますが、脳の神経伝達物質に異常が発生し、精神に影響を及ぼしている推測されています。 うつ病になってしまったら、まず何より心身を休ませることが大切です。まじめで責任感が強い人ほど、休むことに抵抗を感じるものですが、病気を治すという意識を持って休むことが大切です。 それから、患者の周囲の人のうつ病に対する認識と理解も必要になってきます。患者に無理を強いることなく、しっかりと患者を休ませる環境を作り、サポートすることが大切です。特に患者の話をしっかり聞くと、治療も一歩ずつ前進していきます。

治療費はどのくらいかかるのか

うつ病の治療費がどのくらいかかるかについては、人によって異なります。治療が長引けば当然治療費もそれだけ大きくなりますが、治療期間がどのくらいになるのかはわかりません。また、それだけに患者や周囲の人も不安を覚えることでしょう。 そこで、2つの制度を知り、活用すると治療費負担軽減のために役に立ちます。 まず、傷病手当金です。健康保険に加入している会社員や公務員であれば、支給を受けることができます。 それから、「自立支援医療費制度」というものを活用するといいでしょう。これは、障がいを持つ患者に対して適切な治療を続けることができるように支援するための制度なのです。この制度を利用すると、健康保険の窓口負担が基本1割となります。また、所得に応じて、治療費の負担の上限も設けられますので、それだけ負担を抑えることができます。